スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HIDEAKI TOKUNAGA 30th ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2016 ALL TIME BEST Presence

徳永英明コンサートツアー2016

今週末に…

『HIDEAKI TOKUNAGA 30th ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2016 ALL TIME BEST Presence』

に娘と参加してきました。

スクリーンバックには…
『30th ANNIVERSARY CONCERT TOUR 2016』のタイトルが!

定刻より約5分遅れてはじまりました。

スクリーンバックが…
1986年のデビュー曲『レイニーブルー』から記憶を辿るように…
走馬灯のように最新曲『君がくれるもの』まで時間にして3分くらいだろうか?
ビデオクリップとして流れて行った。

最新曲『君がくれるもの』が終わると同時にスクリーンは上がり
ステージ中央のエッグ状のセットから歩み寄る徳永英明さん。

ステージ中央センターに位置すると…

僕の大好きな『君の青』からコンサートははじまりました。


今回のツアーはオールオリジナル曲。
カバー曲を披露することはありませんでした。
古くからのファンには嬉しい演出でした。


を信じて』前のMCも語り風になっていて…
そのままの流れで曲に移行。

『俺、今55になるんだけど…』て
口調も徳さんらしかったです。

は幾つになっても持つべきだと思う。
病気なって不安と絶望でが持てなくなってたけど…
『俺は歌手の徳永英明なんだ!』
『みんなにを見せなきゃ!』って
みんながいるから思えた。』と
語ったときには…

思わず涙腺が緩んだ…
30周年の重みのある言葉にもとれた。


徳さんのもやもや病という病も知っている。
この30周年ツアーを開始しても…
急性咽頭喉頭炎になりツアーを振替公演している。

何も。
記念の年に…
節目の年に…

切なくなるのは否めない。

そのような想いも…
ファンとしてこみ上げてきて。
思わず涙腺が緩んだ…


僕は…
久しぶりにココロを浄化できた
気持ちになりました。

オトナですが…
純粋無垢な子供のように。

ある意味ではリセットしたように思う。

日々の悩みがちっぽけに感じた。

初参加の娘とこのように有意義な
時間と空間を共有できたことは
すべての自分の糧になったのは
言うまでもない。


僕にとって…
徳永英明さんとは
そういう存在なのです。


あまり喋るのも何なので…

この辺りでおしまいに(笑)
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。